故人を送り出すための儀式

  • 花

    葬儀という言葉でイメージするのは、故人の冥福を祈るための儀式というイメージです。
    葬儀は個人となった人はもちろん、現在では犬や猫に対しての葬儀も行われるようになりました。
    葬儀を行う際に行われる故人を送り出すための儀式が存在します。その儀式を紹介していきます。

    ■通夜
    通夜とは、亡くなられた方との最後の時間として一晩一緒に過ごす日とされています。
    この通夜では、家族などの親族、故人との関わりが深い人などがお別れを伝えるものとされています。
    現在では、告別式に参加が出来ない方の人がお別れを伝える儀式になりつつあります。
    この日は、親族や友人たちがお清めとして行う、お酒を飲みながら通夜に来られた方たちへの感謝の気持ちとして、故人との楽しい思い出を話す場として行います。

    ■葬儀
    葬儀とは、遺族や親族が故人の冥福を祈り送り出すために行われる儀式です。
    この葬儀は、宗教によっても葬儀の形が違っていきます。

    ■告別式
    告別式では、親友や交友のあった方たちが故人の冥福を祈り送り出すための儀式となっています。
    故人を送り出した後に、その遺骨をお墓に埋葬するまで見送ります。

    ■葬式
    葬式とは、通夜、葬儀、告別式を総称して「葬式」と言われています。
    葬式の中にこの3つの意味が込められており、その意味も違ってくるのです。

    このような儀式の中で行われるのが「香典返し」です。
    香典返しとは、参列者から頂いた香典を、香典返しというお礼の気持ちとして様々な商品を贈ることをいいます。
    香典返しでは、商品券やギフトなどを贈るのが一般的だとされています。